ヘッダー画像

はじめに

このページまでご覧いただき誠にありがとうございます。
本当に感謝感謝です。

 

管理人の高橋です。
少しだけ私の事を書かせて頂きます。

 

東京都在住のアラフィフです。
学生の頃は赤点が7つもあり進学や進級、卒業が危ぶまれていました。

 

「俺はルールやモラルには縛られねぇ。」
「誰かが敷いた(しいた)レールの上は走らねぇ。」
などとほざいていました。

・・・今思うとお恥ずかしい。

 

スポーツにルールが存在するから熱くなれますし、感動もします。
自分でやった後には爽快感(そうかいかん)が得られ、興奮もします。

 

しかしルールが無かったとしたらどうでしょう。
面白いですか?
感動しますか?

 

嫌な気持ちばかりで全然楽しくないものでしょう。
観ている方も応援する気も起きない事でしょうね。

 

私たちの日常生活も一緒だと気づきました。
『・・・勉強は出来ないですけどね・・・。』

 

ルールが間違っているのなら変えればいい。
相手とのモラルが違えば話し合えばいい。
歳をとったせいか、そう考える様になったんです。

 

今のルールやモラルが100%正しいとは思えません。
だったら変えればいい。
ただし変えるには、まずは知らないと。
知った上で、どう変えればいいか考える。
変えるためにはどうすればいいか。

世界中の誰しもが、思っているはずです。
「争いや戦争の無い世界がいい。」
「犯罪や事件、事故に巻き込まれたくない。」
「今より幸せになりたい。」
「他人から恥ずかしい人間だと思われたくない。」

 

だったらより良い世の中に変えましょう。
ルールやマナー、モラルを守りましょうよ。
それが間違っているのなら変えましょう。

 

偽善だと思いますか?
いいえ、本気です。
だって私自身が快適に過ごして生活をしたいですもの。

 

映画『ペイ・フォワード』の様に。
ほんの小さな行動から世の中は変わっていきます。

 

『バタフライ効果』『風が吹けば桶屋が儲かる』です。

 

私は教育者でもありませんし、学者でもありません。
しがないおじさんです。
私も勉強します。←赤点7つですけどね。
あなたも変われます。世の中も変えられます。

 

大海原へ一石を投じるサイトになればいいな~と思ってます。
ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.