ヘッダー画像

日常生活

女子アナの格が落ちているテレビの実態!!

そりゃあテレビを見なくなるわけですよ。その理由とは・・・本当に悲しい話しですよ。

そもそもアナウンサーが訛って(なまって)いたり、漢字が読めないなんて私の子供の頃には、いなかったと思うんです。
いや、いますよ。ちゃんとしたアナウンサーさん達も。きちんとしている方達のほうが多いと思います。

そりゃそうですよ。高学歴で何倍もの就職率を勝ち上がった人達ですからね。
しかも日々原稿を読んでいるんですよ。勉強もするでしょ。

 

失言の多さ

まず大前提で、失言をしちゃうって事はありえない話しだと思います。
ここでは具体的に書かないですが、失言をするって事は“心”で、そう思っているって事だから。
思ってなかったらそんな言葉は出てこないわけですよ。

 

差別的な発言をしたり、汚い言葉で罵ったり(ののしったり)するのは本人の意思ですよ。
そういう心の持ち主だって事。言葉云々(うんぬん)とかメディア云々とかではなく、その人自身の心の教育、考えの教育が必要なわけですよ。
謝罪をした所で、根幹(こんかん)が変わってないんだから、同じような失言をまたしますよ。

 

まあアナウンサーに限った事ではないんですけどね。
タレントさん、俳優さん、その他テレビに出ている人達は、考え方や心の成長、変革をしないとね。
たまに忘れちゃうのかな・・・テレビに出ている事を・・・。

 

プライベートで友人と話しているかのようにしてるけど、友人たちも注意しないのかね。
「ダメだよ。そんな考え方してちゃ。」って。
言わないんだったら友人たちも同罪かもね。

テレビ関係者による常識が驚愕すぎると話題になっています

 

 

格が落ちる

局のアナウンサーさん達は、その局の社員さんたちじゃないですか。
会社の看板を背負って、テレビに出てるわけですよね。
きちっと肝に銘じて(きもにめいじて)ほしいな~。

 

以前のブログでも書きましたが、宅配のドライバーさんやデリバリーのライダーさん、タクシー運転手さん、それぞれ看板背負ってるじゃないですか。

クレームをつけると何も出来ない人間になる!?

事故を起こしたり、危険運転をしたらすぐに会社に苦情がいきますからね。
もしかしたら損害を受けた人は、今後そこを使用しなくなるでしょうね。

 

フリーのアナウンサーや俳優さんなどは、仕事がなくなってきたり、いきなり干されるかもしれません。
事務所から首を切られたりとかね。
テレビ局だけではなく、事務所も本人も格が落ちていきますから。
本気で考えた方がいいと思いますよ。
私が言う事じゃないかもしれないですけどね。

 

スポンサーリンク

 

衝撃的な発言

先日テレビを見ていたら、某女子アナさんが衝撃的な発言をしていました。
失言ではないんですけどね。

 

「おおじこにつながっちゃう~。」って。
自分の耳を疑いましたよ。
「はっ? え~~~!? ウソでしょ??」って、ビックリですよ、ホント。

 

カンペが出ていたわけではなく、個人の感想での発言でした。
だから漢字が読めなかったわけではないんですよね。
『大事故(だいじこ)』でしょ!!!!!

 

その女子アナさんにとっては、そういう認識なんですかね。
お金もあって、裕福な家庭に育ったからなのか、私には分かりません。
そりゃテレビを見なくなる人が増えますよね。

大人の言う事を聞くからダメな人間になる本当の話し

 

そりゃあテレビを見なくなるわけですよ。その理由とは・・・

 

まとめ

ものすごくみっともないですし、恥ずかしい事なので何とかしてほしいんですけどね。
私がこうやって書いても、何も変わらないかもしれないですけど・・・応援をしたい気持ちなんですよ。
下衆(げす)な考え方や愚かな(おろかな)心は、きちんと改善してください。

 

勉強をして、努力をして全員でハッピーになろうよ。
私も頑張りますよ。はい。

 

 

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

-日常生活
-, , , , , , ,

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.