ヘッダー画像

おススメ

人を見た目で判断しちゃいけないな~と改めて認識した謎

 いや~長い冬が終わりを告げて、少しずつ春の訪れを感じている今日このごろ。
いかがお過ごしですか?あっ、今3月下旬です。はい。

 

 昔から『人を見た目で判断するな!』って言われていますよね。
今回はそんなお話しです。

 

発見

 

 

 つい先日の事です。ちょっとした用事がありバイクで出かけていました。
まだ少し肌寒いですが、陽が当たっているとポカポカとして気持ちいい日でした。
ようやく待ちに待っていた春を実感しながら、私は幹線道路を走っています。

 

 信号が赤に変わったので、前の車に続いてスーッと停まって信号が青になるのを待っていました。
街はダウンやコートの人が少なく、歩き方も軽快に見えます。

 

 ふと目線を変えると脇の路地から詰め襟の学生服を全開にした、おそらく中学生の男の子が歩いてきたのです。
外見から判断するに、やんちゃな感じはなく、真面目そうな男の子です。

 

 「えっ?!」と思いました。「最近の中学生は制服をだらしなく着るのが流行っているのかなぁ。なんだかみっともないな・・・。」とヘルメットの中の私は声には出さずに、心の中でそんな風に思っていたものです。

 

見た目で判断してしまうのか?これを読めばきっと分かる!!

 

 私の学生時代なんか、パキパキするカラーというものを必ずつけさせられて、ボタンは全部はめるのが当たり前だったんです。やんちゃな学生達は第一ボタンを開けたりはしていましたが、全開にしている人はいませんでしたよ。

 

 唯一いたとしたらテレビの中だけです。スクール☆ウォーズの水原ぐらいなものです。
俳優の小沢仁志さんが演じている高校生なんですけど、当時は「おっかねぇーーー。こんな人が世の中に本当にいるのか?」と、思ったくらいです。

 

 ですが路地裏の彼は、全然そんな感じじゃなく、ぱっと見では好青年です。こんな子がなぜ学生服を全開で歩いているのか・・・。時代が変わったせいなのか・・・。不思議で仕方ありませんでした。

 

何かがおかしい

 

 

 そんな事を思い巡らせていると、信号が青になったのです。前の車から徐々に発進していきますが、私までは数台あるので私が出るまでには少しの時間があります。
すると路地を歩いていた彼は、私のいる幹線道路の方に出てきました。

 

 近くで見てもガラが悪い感じには見えず、至って普通の中学生です。彼は幹線道路の歩道を左に曲がって進んでいきます。
つまり私の目線の先に歩いていっているのです。

 

 どんどん遠ざかっていく彼の背中をちら見しながら、信号と前の車の状況を確認します。まだ私が出れる状況ではありませんでした。歩き去っていく彼、前の車が出ないので取り残される私。

 

車の運転や保険を考える!あなたは正しいですか?

 

 不思議だな~。おかしいなぁ。と思いながらまた彼の後ろ姿を見てみます。
確かに覇気のないダラダラした歩き方をしています。でも俗に言う不良だとか、やんちゃだとかの雰囲気とは全く違っているのです。

 

 と、その時に初めて気づいた事がありました。もう前の車は発進しかけていたので、私もバイクを出す準備にはいります。
「あれっ、おかしいな。左手にお花を持っている。なんだあれ。」と、路地からこちらの道路沿いに出てくる時には気が付かなかったのに、左手に一輪のお花を彼は持っていました。

 

 でも、もう発進しなければいけません。ゆっくりと前の車に続いて発進していきます。

 

そうだったのか!

 

 

 少しずつ加速をしていき、歩道を歩いている彼を追い越す際に、ちらっと横目で見てその後ミラーで確認しました。
すると私は驚きの現実を知る事となったのです。

 

 彼の学生服にはボタンが付いていなかったのです。「え?え?え?え?え?どういう事???」
 誰かにいじめられたとか、喧嘩や暴行の形跡は見当たりません。いじめの原因は勝手だ!対策と解決方法を伝授します

 

 「なんでだ。」謎が謎を呼びます。ボタンをしないのが最近の主流なのか。いやそんな事はないでしょう。校則で決まっているはずだし、そんなわけはない。

 

出来ればやめてほしい他人の生き方や行動7選

 

 喧嘩やいじめで取られたとは考えられないし・・・取られた?お花?

 

 「あ~~~~~~そうだったのか!!!!」と、さすがに声に出してしまいました。
けどもうその時には、彼とは何百mも離れています。しまった~。

 

 そうなんです。あくまでも仮説ですが、これしか腑に落ちる答えが見つからない。
彼は今日、卒業式だったんです女子が欲しがって全てのボタンを奪っていったのです。

 

スポンサーリンク

 

 卒業式を終えたら、同級生や後輩の女の子が第二ボタンを貰いに行くのは確かに私の時代もありました。
しかし学生服の前の五つのボタン全てが無くなるなんて・・・すっげーモテる子だったんだーーーー
いや~始めて見ましたよ。全部のボタンが無くなっている男子なんて

 

まとめ

 

 

 卒業式でのあのボタンをもらう行為が今でも続いているのか分かりませんし、本当にそうだったのかも分かりません。
真実は不明です。しかしそうとしか言いようがないんです。

 

 いや~もの凄くモテる男の子だったなんて本当にびっくりです。
ごめんなさい。だらしないとか、みっともないとか考えてしまって・・・。

 

社会人としてのマナーのススメ!ここだけの話

 

 あの時の彼へ「本当にすみませんでした。」
人は見た目で判断しちゃダメですね。改めて心に刻みつけようと再確認しました。
あなたも見た目で判断している事ってないですか。もしかしたら衝撃の真実が隠れているかもしれませんよ嘘と間違いだらけの世界で、あなたはどう生きていきますか?

 

 ポカポカ陽気のちょっとした謎でした。

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

-おススメ
-, , , , ,

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.