ヘッダー画像

日常生活

車の運転や保険を考える!あなたは正しいですか?

 

アクセルとブレーキの踏み間違いや、乱暴な運転をするドライバー。
高齢者の誤発進や事故。
ベテランからペーパードライバーまで様々な人が行き交っています。
そんな車の運転や保険の事を考え直していこうと思います。

 

見た目で判断してしまうのか?これを読めばきっと分かる!!

 

進化する車

 

一昔前まではエアバックなんかついてませんでした。
それが今では運転席のエアバックは当たり前で、中には助手席や後部座席のエアバックまであります。
最近では追突事故を起こした歩行者等に対するエアバックまであります。
フロントガラスの前面。つまりボンネットの上の車体の外側にです。

 

また急ブレーキをした時にタイヤがロックをするのを防ぐABS(アンチロック・ブレーキ・システム)。
車線から外れた時に警報で教えてくれたり、衝突の危険を警報で教えてくれたり、ブレーキをかけてくれたりします。
自分の車を上から撮影したように駐車をサポートしてくれるカメラやモニターの搭載。

 

自動車メーカー各社によって様々ですが、まだまだあります。
ドライバーや同乗者の安全性を考えての事ですよね。
近年では、国内外を問わず自動運転システムの開発や導入に向けて日々進化を続けています。
しかし本当にこれでいいのでしょうか?

 

世の中は便利になり、人々の危険が減るのはとても良い事だ思います。
しかし便利になればなるほど、人は考える事を放棄します。
悪い言い方ですが、『馬鹿』が増えていくんです。

嘘と間違いだらけの世界で、あなたはどう生きていきますか?

 

 

 

マナーの低下

 

洗面所の水道が人の手を感知して自動で水を出したり止めたりします。
この水道が普及したところ、水を出しっぱなしにしていく人が増えました。

 

男性用トイレでは、用を足したあと自らボタンを押して水を流していましたが、こちらも自動化が進んでいます。
よってボタンを押さない人が増えたのは事実です。

 

同じように電気を消さないで退出(たいしゅつ)する人。
ドアを閉めない人。
つけっぱなし、やりっぱなしです。
車の運転も同じです。

 

後ろの安全を確認して、ウインカーを出して車線を変更する。
『入れてくれてありがとう』という感謝の意味を込めて『ハザード』を出します。
これは必ずやらなければいけない事ではないですが、車を運転する時の『マナー』です。

「ありがとう」は自分にとってもパワーワードって知っていましたか?

 

道を譲ってもらった時は、手を挙げてあいさつをします。
会釈(えしゃく)をする人もいますが、相手の人への感謝です。
こういったマナーが今でもよく目にするのに、今後はもっと薄れていく、そんな気がします。

 

 

 

考えられない人

 

先日こんな事があったんですよ。
一人で車を運転してました。
うちの車はそれほど大きくはないですが、そこまで小さいものでもありません。

 

片側一車線の道路です。中央の黄色い線のあるパターン。
そんなに広い道じゃありません。
私の前はバスです。

 

そうこうしているうちにバスは停留所(ていりゅうじょ)に着きます。
そこのバス停は、道路のままの所です。
たまにあるじゃないですか。バス停の所がへこんでいて、お客さんの乗り降りをしている時に追い越せるパターン。
あれじゃないんです。

 

バスと距離をとって追い越せるかどうか対向車を見ますよね。
すると向かいからトラックが来ているんです。
無理な追い越しは危険なので、バスの後ろに止まりました。

 

クレームをつけると何も出来ない人間になる!?

 

と、すぐに『ビーーーーーーーーーーーーーー!!!』って。
「えっ!?」って、バックミラーを見ると後ろの車からです。
ドライバーの顔もちょっと怒ってます。
「えっ!? いやいやいやいや。無理だろ。」と思って良く見てみると後ろの車は軽自動車です。

 

そりゃ軽自動車だったら行けるかもしれないけど、無理して追い越さなくてもいいだろう。
また『ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!』
さっきよりも長く体感時間は15秒ほど。

 

「これくらいいけるだろ!!」と、思っているかどうか分かりませんが、そんなに簡単にクラクションを鳴らさないでほしいものです。
こっちの気分も悪くなるし、世間では怖いお兄さんとのトラブルもありますからね。
マナーが悪いというか、モラルが欠如(けつじょ)しているというか、もう少し考えてほしいな。

大人の言う事を聞くからダメな人間になる本当の話し

スポンサーリンク

 

正しい保険とは?

 

保険は絶対に入っておいた方が良いです。
まあ、大多数の人が入っていると思いますが・・・。
保険会社も何十社とあり、内容も各社それぞれです。

 

他社よりも保険料が安いもの。
事故や故障の受付対応を365日でしてくれるもの。
ロードサービス対応のもの。
その他の特約がついたもの。
走行距離分だけの保険料のもの。
インターネットの申し込みで割引があるもの。

 

ただ保険料が安いと対応が悪かったり、弁償代が少なかったりするかもしれません。
今あなたが入っている保険よりも待遇(たいぐう)の良い保険会社があるかもしれません。
誰かに、何かに、流れに任せていると頭を使わなくなりますよ。

 

 

保険会社も他社との差別化を図って(はかって)、どんどん安く良い状況になっています。
考える時期かもしれませんね。

 

まとめ

 

時代と共により便利になっていきます。
その分、良い情報を手に入れて、自分の頭で考えて生活する事が最も重要になってきます
いまいちど本当に正しいのは何か?
自分は正しいのか?
考えてみてください。

価格の違いを見抜いて賢く暮らそう

 

自分も家族も友人も、そして他人も気分が良いと本当に気持ちの良い生活が送れます。
今回がそのきっかけになれば幸いです。

 

 

 

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

-日常生活
-, , ,

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.