ヘッダー画像

価値

価格の違いを見抜いて賢く暮らそう

近年、価格競争が激化しています。
他店より安く、他社より安く。
もちろん買う方としては安いに越したことはありませんよね。
そんな価格のこと、あなたはどれだけ知っていますか?

 

 

iPhoneやスマホのハンズフリー、見られてますよ!

 

薄利多売(はくりたばい)とは

 

『薄利多売』よく耳にする言葉ですね。
意味は利益は薄い(少ない)が、商品(品物とは限らない)の数を多く売って全体の利益をあげる事です。

 

原価(げんか)、もしくは仕入れた金額から販売金額の利益が粗利(あらり)と言います。
そこでもしこの粗利が100円の物を1000個販売すると、10万円の利益です。
粗利が1万円の物を10個販売しても10万円の利益です。
前者の方が『薄利多売』です。

 

これは、どちらが良いとか悪いという話しではなく、それぞれのビジネスモデルですね。
それはもちろん、1万円の物を1000個販売するのがベストでしょうけどね。

 

この粗利は単純に

売上金額 - 原価(仕入れ値) = 粗利

となっていますので、この粗利から人件費や光熱費、宣伝費が引かれる事になります。
これを差し引いて残った金額を『純利益(じゅんりえき)』と言います。

 

この『薄利多売』ですが、反対の言葉というのは厳密にはないそうです。
普通の利益で普通の品数を売る。
もしくは暴利(ぼうり)な利益を乗せて、少ない品数が売れると言ったところでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

低価格競争

 

前述(ぜんじゅつ)したように、買う側としては安い方がいいですよね。
そこで業者さんたちは、1円でも安く提供して、買ってもらおうとします。
そうする事によって、市場は低価格競争が起こるわけですね。

 

ちなみに『業者(ぎょうしゃ)』が正しくて、『業社(ぎょうしゃ)』という言葉は存在しないです。
パソコンの変換で出てきてしまうので、間違いやすいですが気をつけておきたいところですね。

知らないと恥ずかしい間違った言葉

 

この低価格競争ですが、自分たちの利益を削って薄利多売でしたらいいのですが、中間業者や運送業者に負担をさせるケースもあります。
中間業者や運送業者も仕事がほしいわけですから、泣く泣く安く提供する事になります。

 

また中間業者や運送業者が薄利多売を自ら(みずから)しているケースもありますよね。
こうなってくると負のスパイラルです。

嘘と間違いだらけの世界で、あなたはどう生きていきますか?

 

仕事量は増える一方で、時間が無くなり、給料も上がらない。
なので消費をしない、消費をしないから物が売れなくなる。
また価格を下げる。

 

こうなると景気は一向に良くならないわけです。
低価格競争も考えものですね。

 

 

 

価格の違い

 

『オープン価格』と『希望小売価格』、聞いたことありますよね。
この違いって、知っていますか?

 

『オープン価格』とは、メーカーが出荷価格だけを設定します。
実際に店頭で販売する価格は、卸売業者(おろしうりぎょうしゃ)や小売業者(こうりぎょうしゃ)に任せています。
ですので、メーカーのカタログに『オープン価格』と記載(きさい)されていると、実際いくらなのか分からいのです。
お店によって違いますし、お店に行くか問い合わせをしないといけなくなります。

 

『希望小売価格』は、メーカーが「これくらいの金額で売ってほしい」というものです。
メーカー側が価格の基準となるものを定める方法です。

 

社会人としてのマナーのススメ!ここだけの話

 

この『希望小売価格』ですが、ディスカウントストアなどの安売りのお店が、短期間のうちに価格変更をしたり、『希望小売価格』からの値下げを表示するようになります。
これに同業他社も追随(ついずい)します。
すると消費者は「何が正しくて」、「どこが安いのか」と混乱をするようになりました。

 

その結果、メーカーが価格を定める『希望小売価格』ではなく、『オープン価格』が導入されるようになったのです。

 

本来は『定価(ていか)』という、書籍などの値上げや値下げをしない商品に使っていた言葉です。
ですが『定価』を値下げする事で、より多く売りたいと『薄利多売』が始まり『オープン価格』に至りました。

 

 

 

まとめ

 

誰しもが安く商品を手に入れたいと思うものです。
ですが、『安かろう悪かろう』という言葉もある通り、反対に損をする事もおきるでしょう。
安いために壊れやすかったり、保証がついていないので修理代が掛かったり、そっくりだけど違うメーカーだったりします。

 

また消費者が安いものを求めるうちは、景気は良くならないでしょう。
良い商品を確かな目で見て判断する
こういう事が本格的に問われる時代になってきました。

ビジネスの成功もしくは起業をするのに必要な条件を明かします

 

あなたはどうですか?
賢く暮らしていますか?

 

 

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

-価値
-, , , , , ,

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.