ヘッダー画像

ビジネス

『了解しました』はビジネスマナーの敬語で使える!?

日常生活やビジネスなど様々な場面で使用されている『了解しました』。
でもこれって合ってるのか、間違っているのか・・・。
私の過去の経験談も含めて書こうと思います。

 

衝撃!!国民に賢くなってほしくない国がある

 

そもそも『了解』とは

 

了解の意味については

・理解
・分かった
・心得た(こころえた)

 

と、相手がこちらの言ったことを把握(はあく)したという事です。
またはこちらが相手の言った言葉を理解した時に使いますよね。

 

この『了解』という言葉、よく立場が上の人から下の者への言葉で使用されています。
本来そういう使用が正しいとしている本もあります。
そういえば昔、テレビや映画で自衛隊やら特殊部隊の司令官(しれいかん)が、部下の「配置完了しました。」に対して『了解』と使っているのをちょくちょく見ましたね。
ああいう事で目上の者が目下の者に使う言葉だって事なんですかね。

 

でも部下もちょいちょい『了解!』って上司に使っていたのを記憶しています。
ホントはどっちなんでしょう・・・。

 

 

 

 

『了解しました』より『承知しました』!?

 

調べてみると『了解しました』よりも『承知しました』の方が丁寧(ていねい)だとする本やサイトが多く存在します。
その反面『承知しました』を『了解しました』の、より丁寧(ていねい)な言い方だというのは間違いである。という内容のものも存在します。
ますます分からなくなってきました。

 

『承知』には『承る(うけたまわる)』という謙譲語(けんじょうご)が入っているので、こっちの方が正しいとする人。
そもそも『了解』も『承知』も謙譲の意味をなさないという人。
『了解致しました』や『承知致しました』など『致しました』をつければ丁寧になるという人。

 

プシュー・・・。
煙が出てきた。
やっぱり日本語って難しいですね。・・・だから面白いのか・・・。

 

天才の共通点で分かった真実|あなたはどっちですか?

 

過去の体験談

 

私が以前勤めていた会社での事です。
お客様との直接お会いして、商談をする業務でした。
電話であるお客様への日程の段取りを組んでいた同僚の話です。
お相手はかなり年配のお客様でした。
同僚は「◯月◯日の△時にお伺いでよろしいですか? 了解です。」と言ったところ。

 

あんたは日本語もまともに出来ないのか!! 客に対して『了解です』とは何事だ!!!

お客様

 

と物凄い(ものすごい)剣幕(けんまく)で怒鳴っているのが受話器越しからも聞こえてきます。

 

その言葉に同僚は「え?いや・・・すみません。申し訳ございません。」と言うと

 

もういい!! おたくの会社とは今後一切取引をしない!!!

お客様

 

と電話を切られてしまいました。
その時からです。
『了解しました』『申し訳ございません』は正しくないのかと疑問を抱くようになったのは・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

『申し訳ございません』に関してはこちらからお願いします。

【申し訳ない・すいません・ございます】って合ってる?英語では

 

 

ビジネスメールでは

 

同じ会社内では『了解です』『了解しました』でも私は良いと思います。
それが同僚だろうが、上司だろうが(上司に怒られたらごめんなさい。)。
まあ私の考えなので合ってるかどうか分かりませんがね。

 

今となっては、『了解致しました』だったらお客様もあんなに怒らなかったかどうか分かりません。
でも『了解致しました』って、どうも耳がしっくりこない。
『承知致しました』だと何だか堅苦しいような気もするし、困ったものです。

 

私は『かしこまりました』を使うようにしています。
無難(ぶなん)じゃないですか?
これで怒られた事もないですし、堅苦しくもないですしね。

 

ビジネスのメールマナーとしては、『承りました』『承知致しました』が良いんじゃないでしょうか。
『致しました』って書いていてこれで怒るのはどうかと思いますけどね。
『了解致しました』は読んだ時もなんだかしっくりこないですね・・・。
『了解』って言葉がやっぱり目下に対する言葉だからですかね。

 

 

 

 

まとめ

 

ビジネス書やマナー講座の偉い方たちの間でも『了解しました』『承知しました』は意見が分かれるところです。
これもまた『相手がどう捉えるか(とらえるか)』がとても重要になってきますね。
『了解』や『承知』が失礼と捉える方もいらっしゃるという事ですよね。

ビジネスの成功もしくは起業をするのに必要な条件を明かします

 

自分の口についた言葉を使ってしまうのではなく、普段から気を付けていれば改善されると思います。
日々勉強、日々努力・・・若い頃の自分が見たらケッてなりそうですけどね。(笑)

 

 

 

おすすめ記事

1

部下に優しくするには 子供に優しくするには 夫や妻に優しくするには 彼氏・彼女に優しくするには ・・・そんな思いでこの記事を読んでいる人もいるでしょう。 本当の意味での『優しい』とはどういう事でしょう ...

2

『本当の正しい生き方』とは、何なのでしょうか? 人が人であるために課せられた(かせられた)大きな課題でもあるかと思います。 『正しいこと』『大切なこと』『生き方とは』を考えていきます。   ...

3

 はじめに断っておきますが、これらは私の個人的な意見です。 私だって何かのはずみで迷惑を掛けているかもしれませんし、完璧ではないので強くは言えません。    『押し付けている』なんておこがま ...

-ビジネス
-, , , ,

Copyright© オトナのモラル&マナー , 2020 All Rights Reserved.